クンニを分析してみる

女性器を口で優しく犯すクンニのための体勢

クンニを行うときの場所や体勢っていろんなバリエーションがありますよね。

場所で言えば、ホテルの部屋であったり、カラオケボックスの中や、車の中、漫画喫茶のペアシートなんかでも可能かもしれません。

今回、場所ではなくて体勢について記事を書いてみたいと思います。

まずは、僕が一番好きな体勢…。

それは女性が椅子に座り、大胆にM字開脚をする。

そして、女性の正面の床にひざまずき、女性のお尻を両手で掴んで、女性の股間に顔をうずめ、大切に愛するように口で性器を犯す…。

この体勢がイメージさせるものは、舐め犬側の男性は女性のエッチな光景を前面に感じつつ、女性に奉仕をしているMっぽい感じと、女性の股間を口で犯しているというSっぽい側面の両方でしょうか。

また、首が痛くなりにくく長時間の奉仕に向いている、という行いやすさも魅力ですね。

さらに、女性が男性の顔に向かって、腰を振ってみたり、かなりSMっぽくなりますが、男性の頭を手で持って、股間に押付けることもできますよね(*´ω`*)エッチ…(笑)

客観的に見た、光景のエロさという点でも、やっぱり一番かもしれません。

女性にとっては、そもそもパンティを脱いで、おまんこ丸出しで開脚するわけですから、ともかく恥ずかしいし、身体のこわばりから緊張もするということで、

それらの状況を防ぎ、純粋に気持ちよくなるにはリラックスすることがまず第一なので、それでは一番楽な姿勢は?となるとソファで背をもたれながら開脚してもらうことなのかなと思うのです。

クンニが大好きな僕や、気持ちよくなってくれる女性の方にとっても、

出来るだけ身体に負担がなくて、同時にエッチな気持ちになれるようなメリットづくしの体勢だと思います。

 

【2017年追記】

上記記事より時間がたち、今まで付き合った彼女とその他舐め犬の経験から、女子にソファや椅子に座ってもらい、

さぁ、舐めて…という風に男性に向かって開脚する姿勢でのクンニが僕にとって一番好きだということをさらに強く思うようになりました。

ただ、それだけでなくて、顔面騎乗四つんばいで後ろを向いてもらってするクンニなどそれぞれ特徴があり、ぜんぶ楽しめることが一番でしょうか。

これから、このブログでは、①椅子やソファでのM字開脚クンニ②立ちクンニ③顔面騎乗④バックからのクンニ

という風に、体勢ごとについての記事を書いていきたいものです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

(2016年9月14日公開記事、2017年11月加筆)