クンニに対する不安解消

クンニの時の女性の不安①〔見た目・その他〕

クンニされる際に、女性が感じる不安はどういったものか把握しておきたいので、

まとめてみます。

 

やっぱり、何事も不安があるとしたいことが続かなくなったり、

挑戦できなくなったり、純粋に楽しめないですよね。

でも、そんな不安なんか吹き飛ばしちゃえ!という思いからこの記事を書いてみようと思いました!

 

この記事では以下の7つの項目を挙げてみます。

①性器を見せること自体の不安

②陰毛が濃い

③小陰唇の大きさ

④小陰唇の形

⑤黒ずみ

⑥匂い

⑦痛み

つまり、見た目に対する不安や、匂いと痛みへの不安を主に挙げております。

 

①性器を見せること自体が不安

まず、これはかなり根本的で誰でも起こりうることだと思います。

最初に異性に性器を間近で見せるのは誰でも抵抗があって、何か不安があるものでしょう。

さらにもともと羞恥心の強い方であるならこういう思いはずっと感じることも多いと思います。

舐め犬としてはリラックス出来るように少しずつ進めてあげたいと思います。

部屋を暗くする、布団を被る、僕が目隠しをするという方法もあります。

ただ、性器を見せるのはいつかは慣れていかなきゃダメですよね。

ですので、少しずつ慣れていってくださいね。恥ずかしい~と言いながらでも構いません。

 

②毛が濃くて恥ずかしい

陰毛が濃くて、お尻までびっしり生えちゃってるとか、

剛毛で恥ずかしいという方もいるかもしれませんね。

でも僕はたまたま、陰毛が大好きなので、まったく気にされなくて大丈夫。

クンニの時は、毛が濃くても鼻と舌先で綺麗に分けてクリをきちんと刺激しちゃいます。

そして、その前に僕は陰毛に顔をうずめるのがとても好きなので、

これって癒し系のおまんこでもありますよね。

陰毛って顔に感じるととても優しい感覚だし、気持ちいいんです。

そもそも、男子は何もパイパンばかりが好きなわけじゃないです。

女性だって、さすがにパイパンにするのは抵抗がある、

とか、どのくらいまで剃ればいいかわからないとか、

チクチクしないように処理し続けるのが面倒くさいというのもあると思います。

ですので、剃ってもほんの少し形を整える、とかで十分だと思います。

 

③ビラビラ(小陰唇)が大きい

これも、そんなに気にならないですよね。

ビラビラが大きいとそこを唇で挟んで、上下にこすったり、

軽くひっぱったり舌で大陰唇との間の溝をツゥ~って舐め上げたりできますね。

小陰唇を愛撫しやすいですし、問題なしですね。

ビラビラ自体も性感帯と聞いてますし、丁寧に、優しく舐めさせていただきますよ!

でも、僕や一部の舐め犬さんの嗜好を語るよりもそもそも重要で大切な事実がこれです。

それはつまり、一番重要なことは、男はいちいち気にしていない、ということです。

 

④ビラビラが左右非対称とか形

左右非対称の小陰唇が気になるって、

ヤ○ー知○袋で質問を見た気がしましたが、これもそんな些細なこと…と思いますけどね。

むしろ、そんなの男は気にしないだろうなという感覚ですね。

上記の○フー○恵袋で見たときに初めてそんな悩みあるんだと思ったくらいです。

クンニ時は男は気にならないので忘れてくださいね(*´v`)

③と同じく男はそんなこといちいち気にしないのです。

 

⑤黒ずみが気になる

性器の黒ずみがあるから、経験豊富とかそれは間違っているようです。

色素の沈着なので自然とそうなる場合も多いようですね。

僕もまったく気になりません。

そもそもアソコに肌と同じような色なんて求めてないです…。

おまんこは性器なんだし、多少、他と違ってる方がエロいですよね。

黒ずんで、生々しい感じがする方が僕は興奮しますし(笑)

加齢によって黒ずみが出てくるのは当たり前のため、世の紳士は気にしない、のです。

 

⑥匂いがしそうで恥ずかしい

女性器の匂いに対する不安は、もしかしたらクンニでいちばん感じる不安かもしれません。

でも、まず、言いたいのは匂いは悪いものじゃないんです。

おしっこや愛液、汗などが混じって匂いがするんですが、

生きてるうえで避けられないものなんですね。

特に健康で魅力的な女性ほど新陳代謝が活発で匂いが発生するのかもしれません。

でも、それは男の性欲スイッチを入れる大切な性フェロモンでもあるので、

恥ずかしがる必要はないです。

ただし、性病由来のものはダメですが…。

むしろせっかくだから、匂いを嗅がせて反応を見たい!

というソフトS的な楽しみも見出して欲しいですね(*´~`*)

それでも、不安を感じられる方は是非ともクンニの前にシャワーを浴びていただければと思います。

それだけで不安が無くなるのならすごく大きいですよ!

不安が無くなればリラックスできますから、快感を感じられますからね。

 

⑦痛くされないか不安

舐め犬に依頼するにあたっての不安って、痛くされないか、ということでしょうか。

クンニの時に、ベロベロと強い力でいきなりクリトリスを舐めるとか、

クリを弾くように舐め続けるとか、そういうことをしちゃうとダメですねー。

唇も大きく使って、舌先は柔らかくしてゆっくりと優しく舐めてあげたいですよね。

そして、やっぱり唾液の量はたくさん出すことでしょうか!

唾液の少ない乾いた状態で舌を使うと、

その表面のザラザラしたところがクリに当たって痛いみたいです。

舐め方も、思いっきり舌先を尖らせて膣口に差し込んで上下左右に動かすとか、

そんなプレイも十分に濡れて気持ちよくなってきた後半から。

また、クンニに限らず、乱暴に扱われないか。

これって、男と女の力加減に対する認識の違いからも生まれそうですね。

女性と接する機会の全般において優しくソフトに紳士的に行いたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。