接客業18歳女性へのエッチなクリ責め

今日、可愛らしい華奢な体格の女の子に会ってきました。

名前はさゆりさん(仮名、18歳)

ある舐め犬募集掲示板からメッセージをいただいた方で、実は、今日お会いするのは2回目になります。

この前に初めてお会いした時は、当日に生理が始まっちゃいまして、クンニは出来なかったのです。代わりにずっとベッドで抱き合いながらいちゃいちゃ+キスをしてました。

よって、今回がさゆりさんへの初めてのクンニ体験になります。

さゆりさんは、昔、小さい頃にクンニのエッチな動画を見てから、クンニのことが忘れられなくなったことや、僕と同い年の元カレとのエッチでも楽しみにしてたのに、まったく舐めてくれないことが不満だったみたいです。

まぁ、小さい頃や思春期に感じた興奮ってそのまま脳に刷り込まれちゃいますよね。僕も小さい頃に、あるゲームキャラのエロ画像でお尻フェチになりました(笑)

さて、僕は、女性の負担になることは出来るだけなくして、極力シンプルに行うことにしてます。

今回、さゆりさんから、フェラや挿入はなしでお願いしますと言われていたので、とにかくいちゃいちゃとクンニ、キスに徹することにしました。

ホテルでは、お互い歯磨きとシャワーを済ませ、まず、アイスブレイクから始めました(←とっても大切)

やっぱり、僕も緊張しますし、相手も緊張しないと言ってても無意識的に緊張してますからね。

つまり表面が緊張してなくても潜在意識が緊張してると思うのです。そうだったらせっかくの気持ちよさが半減するというわけですよね。

ここで出来るだけ身体の距離を縮め、じゃれあったりスキンシップを取りながら頃合を見て
レスリングのように相手の股の下に顔を持っていきます。

今回は、「ちょっともう~w」とか言いながら笑ってくれたので一安心でした

↑実はこの瞬間が結構、というかかなり好きな瞬間です(笑)
後は、両手を動かしながら落ち着いて舐めるだけ。

さて、さゆりさんのパンツを脱がせたら、なんとパイパンなんです。パイパンは僕の人生で初体験。

思えば、元カノも、舐め犬に覚醒させてくれた他の女性も、パイパンの方はいなかったなぁ。

それをさゆりさんに言いながらたっぷりと小ぶりのおまんこに口付けをします。すると、もうしっとりとエッチな愛液で濡れていて、そのまま唇で表面を滑らせました。

チュ…クチュ… おまんこのお口と軽い接触を繰り返すと微かにいやらしい音が響きます。

舌触りがぜんぜん違って、本当に舐めやすく、舌と唇が止まらないのです。

さゆりさんはかなり細かくこうしてほしいとか言ってくれるので僕にとっては助かります。

舐めている途中から、クリだけを舐めてほしいとのことで、クリトリスを中心に50分ほどずっと舐め続けました。
たぶん2回くらいはイッてくれたかな?

今回はこんな感じでした!

(2017年4月17日公開記事 2017年11月11日修正)